丈 長さ レインブーツ 選ぶ基準 メリット デメリット

色々な丈の長さのレインブーツを選ぶ基準は?メリット・デメリット

レインブーツには

 

  • くるぶし丈ショートタイプ
  •  

  • ふくらはぎミドルタイプ
  •  

  • ひざ丈ロングタイプ

 

 

など様々な丈のブーツがあります。

 

 

レインブーツの丈については、どれくらいのものが良いのかという事は迷ってしまうかもしれませんが、一番は見た目の好みで皆さん選んでいるようです。

 

 

ハンターのロングタイプレインブーツなどは有名ですが、独特の雰囲気がある事からそういう点を気にいって選ぶという方もいます。

 

 

また、ロングタイプは、やはり丈が長いですので、ひざ下が濡れずそういった利点もあります。

 

 

この他、ロングタイプのレインブーツは小さい子供が履く場合には重量がある事から足が疲れてしまうという問題もあります。

 

 

子供は頭が大きいですので、足元に重量があるという事は安定するので悪い事では無いのですが、それでもあまり重いと疲れてしまうので、体に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

レインコートなどを着ていれば問題ありませんが、ロングタイプは座った時にひざ裏が濡れてしまう事もありますので、そこも注意が必要です。

 

 

ふくらはぎ丈のミドルタイプのレインブーツは一般的な長さになりますので、使い勝手は良いと思います。

 

昔から馴染みのある定番の形はミドルタイプです。

 

 

くるぶし丈のショートレインブーツに関しては、普通の靴同様中に水が入ってしまう事もありますので、雨の強い日や水たまりの深い部分などを歩く場合には注意が必要です。

 

 

このように様々なメリット・デメリットがありますが、最終的にはやはり好みという事になりますので、用途とデザイン性で選ぶようにすると良いと思います。

 

 

レインブーツは1足持っていれば長く履け重宝しますので、お気に入りの1足を探してみましょう!