レインブーツ 雨の日 履くことはできない 疑問

レインブーツは雨の日しか履くことはできないの?という疑問!

レインブーツは雨の日しか履くことが出来ないのかなという事は気になる所なのではないかなと思います。

 

 

これについては賛否両論ありますが、特に自分で問題がなければ履いても良いとも思います。

 

 

ただし、あくまでもレインブーツは雨の日に履く事を大前提に作られている為、晴れの日に履くのに適さない明確な理由がありますので、そのことを理解した上で考えてみると良いと思います。

 

 

晴れの日にレインブーツを履く場合、最も気になるのは素材感だと思います。

 

 

レインブーツはゴム素材で作らていますので、光沢感があるものが多いです。

 

また、ゴム素材ですので、傷がつきやすく、晴れの日には目立ってしまうという弊害も考えられます。

 

 

後はデザイン性の問題もあります。

 

 

素材がテカテカしておらず、普通のエンジニアやサイドゴアのようなタイプのあまりレインブーツに見えないようなものであれば、違和感が無く履ける場合もあると思います。

 

 

この辺りは完全に履く人の感覚の問題だと思います。

 

 

 

この他、ゴム素材は防寒性が無く寒いという問題もあります。

 

ブーツは通常革で作られていますが、革は保温性に優れていますし、傷がついてもオイル・クリームなどで復活出来るという利点もあります。

 

 

こうした違いがありますので、レインブーツを履く時には注意してみると良いと思います。